トリキュラーを避妊目的以外で入手する方法

トリキュラーは簡単に個人輸入代行サイトにて通販購入が可能!

笑顔の女性

低用量ピルでメジャーな物の一つがトリキュラーで、これは多くの婦人科でも扱われている薬です。 実際に病院で処方してもらう事が出来るようになっていますが、それ以外でも入手する事は出来ます。例えば、通販で購入するのも一つの手です。

日本ではまだ低用量ピルを入手する為にば病院に行って処方してもらわなければいけませんが、避妊の目的以外でもその薬を必要とする人はいます。 また中には病院で処方してもらうのは難しいと言う人もいます。ただ日本では確かに市場に出回っていない為、市販されていません。 だから入手する為には病院に行って処方してもらわなければいけませんが、海外では既に簡単に入手できる所も有ります。

そうした海外で流通している薬を個人的に入手する方法の事を海外医薬品の個人輸入と呼びます。勿論海外まで買いに行く事もできますが、現在では輸入代行業者を利用する事によって、個人輸入で通販購入可能となっています。 トリキュラー等の低用量ピルは、海外では市販されている物も有ります。 それを輸入代行業者に依頼して購入するスタイルを取っているのですが、様々な手続きなどは全て業者が行ってくれる為、ほぼ日本国内で通販を利用する時と同じ様に必要な薬を入手する事が出来ます。

実際に入手する方法としては、まずは輸入代行業者のサイトを調べて利用する所を決める所から始めます。輸入代行業者は多数ありますが、出来るだけ正規品の実を扱っている安全性に対して保障している所を利用します。 後はそのサイトで商品を選び、決済の方法などを決めて注文するだけです。

商品は国内ではなく海外から送り届けられる事になっているので、国内通販を利用した時よりは少々時間がかかりますが、自宅まで届けてもらう事が出来ます。この方法ならトリキュラーの購入が可能です。

海外医薬品の個人輸入は通販の様に入手する事が出来る方法として利用者も増えていますが、守るべき点もあります。その一つが自分の利用の為にのみ薬を購入できると言う事です。 薬事法によって決められている内容で、個人輸入をする場合は自分が使う為に、そして2カ月分までしか注文出来ないと言う事になっています。 だから、トリキュラーの場合は男性ではなく女性が利用する薬と言う事になるので、注文できるのは女性のみです。 男性が自分のパートナーの為に代わりに注文する事は出来ません。この点に注意すれば、低用量ピルのトリキュラーを避妊目的以外でも入手する事は出来ます。