低用量ピル.comのサマリー

トリキュラーを避妊目的以外で入手する方法

笑顔の女性

低用量ピルの一種であるトリキュラーには、生理痛を緩和したり肌の調子を整える効果も期待できます。そのため、避妊以外の目的で入手したいという人もいるでしょう。しかしそうなるとなかなか婦人科などでは処方されにくく、実際に手にするには難しいものがあります。

生理痛の緩和などに低用量の避妊薬が効果的です。通販ページはこちらへお進みください。

トリキュラーを通販で購入するのも一つの手だと考えておきましょう。

詳しく知りたい方はコチラ

低用量ピルが服用できない人の特徴

悩む女性

低用量ピルが服用できない人は、中程度以上の高血圧の人、妊娠中や授乳中の人、子宮筋腫の患者さんや、その疑いのある人、喫煙者や肥満のかたです。低用量ピルは女性ホルモンが含まれていて、体内のホルモン量をコントロールして排卵を抑制する効果があります。安全性が確認されているわけではないので、使用には慎重にならなくてはいけません。内臓や血管に持病があるなどの場合は、服用前には必ず医師との相談が必要となるでしょう。

詳しく知りたい方はコチラ

低用量ピルを服用中に飲めない薬の種類

色々なお薬

低用量ピルは基本的にどの薬でも飲み合わせが不可というものはないと言って差し支えがありません。ただし、注意しておくに越したことがないものとしては、ステロイド、抗うつ剤、高血圧薬、結核、てんかんなどの薬です。これらの作用を強めてしまうこともありますし、逆の低用量ピルの効き目を弱めてしまう可能性があるからです。どうしても服用しなくてはいけないなら、必ず専用の医師に相談してその指示に従うようにしておくと安心です。

詳しく知りたい方はコチラ

低用量ピルを飲んで効果が表れ出す期間

オッケーマークをする女性

低用量ピルの効果が表れ出す期間は飲んでからすぐになります。ただし、生理初日に飲み始めるという条件付きになります。気をつけてほしいのは一錠飲めばそれでおしまいというわけではないことです。ずっと飲み続けないと効果は持続しないので注意が必要です。

中用量ピルの場合は生理5日目から飲むことが原則となっています。なぜかというと、生理初日から飲んでしまうと、無理に出血を止めてしまうことになるため、不正出血の原因となるからです。きちんと効果が出るようにピルをうまく使いましょう。

詳しく知りたい方はコチラ

低用量ピル(避妊薬)を服用した時の体験談
説明する女性

以前付き合っていた元彼が頼んでもなかなか避妊をしてくれない人で、仕方なく私が個人輸入でトリキュラーを購入して飲んでいました。正直なところ個人輸入という点に不安を感じないわけではありませんでしたが、信頼している友人から教えてもらったところでの購入だったので、個人輸入で購入しても問題無いと安心感が持てました。私の場合は、心配していたような副作用は特にありませんでしたので、トリキュラーの効果に満足していました。

詳しく知りたい方はコチラ